動物戦隊ジュウオウジャー

ジュウオウジャー

○あらすじ
地球には、およそ800万種の生物が存在すると考えられている。しかし、現在発見されているのはおよそ170万種。この星はまだ、我々の知らない生き物であふれている。

駆け出しの動物学者の風切大和は、ひょんなことから動物の顔を持つ人間・ジューマンが生活している世界・ジューランドへと迷い込み、その世界の住人であるセラ・レオ・タスク・アムの4人と出会う。するとそこへ、宇宙の無法者集団・デスガリアンが地球を滅ぼそうと侵略を開始した。大和は地球の平和を守るためにセラ達4人と手を組み、ジュウオウジャーへと変身し、デスガリアンとの戦いに挑む。初戦でデスガリアンの幹部の1人・ジャグドを倒したものの、セラたちはジューランドへ帰還する事が出来なくなった。こうして、大和とセラたちジューマン4人との地球での共同生活が始まるのであった。


○感想
先週ニンニンジャ―が終わり、とうとう始まった新戦隊。
一話の掴みとしては、個人的に満足な内容でした。
レッドと他四人との出会い、初戦闘、ロボ戦、その後の目的などなど、これからの展開が目白押しです。
つまりは、次に期待したくなる話という感じです。

公開前から話題になっていたジュウオウキングですが、合体時の演出は中々でした。
玩具のとおり剣を突き刺して腕を展開する部分は特撮で再現され、キューブアニマルたちもミニチュアで大活躍するなど、実写にこだわった作風が印象的でした。

レッドだけが個人武器で戦っていましたが、他四人には無いのかな?
それともこれから登場していくのか、この辺も気になります。

これからどうなっていくのか、楽しみですww

では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。