ディバインゲート

ディバイン・ゲート

○あらすじ
聖なる扉「ディバインゲート」が開かれたことにより、<常界><天界><魔界>3つの­世界が交わり、欲望や争いの交錯する混沌が訪れた時代。秩序回復のために支配層は「世­界評議会」を結成。統制されたかりそめの平穏のもとで、「ディバインゲート」は誰もそ­の実体を知らぬ都市伝説と化した。 そのなかで世界評議会のもとに集う「適合者」と呼ばれる少年少女たち。ディバンゲート­を認識し、「扉」に自らがたどり着くことを信じる者たちである。彼らは、それぞれが心­に抱える傷と向き合いながら扉を目指す。 扉にたどり着いた者は、世界を「リメイク」できるという。扉の先には何があるのか。扉­にたどり着いたとき、世界は変わるのか。変わるのは、自らの抱える過去なのか、それと­も未来なのか。 少年たちはすべてを知るために歩み出す――。


パッと見た感じでは、ライトノベルにありそうな設定や展開だなぁと思いましたが、元からライトノベルを熟読している私は、けっこうハマれました。

大元は、ガンホーが展開する携帯ゲームです。
……ホントに携帯ゲーム? と思うようなストーリーでしたが、これは元からそうなのかアニメ用に新たに作り直したのかは不明です。私もゲームをやったことまったくないのでww

物語としては、それぞれの過去やトラウマを抱えたキャラクターたちがディバインゲートなるものへたどり着くため頑張っていく作品です。どうすればそこへ辿りつけるかは不明ですが……。バトルロワイヤルとかゲームしてるわけじゃないですしね。
多分、その辺はこれからおいおい明かされていくと思いますが、一番不安に思っているのはどこで終着させるのか、です。元々携帯ゲーム作品なので、シナリオに予め終わりがあるとは思えなかったので。それともアニメオリジナルで終わらせるのか。
どういう風になるかは分かりませんが、これからの展開に期待していきたいと思います。

では、また

コメント

非公開コメント