更新。

前に更新するとか言いながら、すっかり存在を忘れていました。
見てくれている方がもしいたとしたら、ホントに申し訳ありませんでした(いるのかな?

とりあえず生存報告的な何かを書こうかと思います。
一応、趣味であるアニメ鑑賞などが続いているので、今季の作品の感想でも書こうかな。。。


今のところ今季の作品が放送開始して大体三話くらいになってきましたが、一通りの作品を観たので、その中でも気になった作品をいくつか紹介します。(続編モノは除く)

『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』
複数の有名作家さんがストーリーに参加しているらしい『レッドドラゴン』を原作としたアニメ作品。ゲーム化も決まっているそうで、劇中でもゲームをアレンジしたような演出が見られます。
内容はどこか懐かしい感じが漂うファンタジー作品。そして、キャラクター(主に主人公の仲間)が犠牲になっていくというシリアスな展開が特徴。
主人公が反乱軍となって戦い、そのために犠牲が出るというシナリオは、サンライズのコードギアスを連想させます。
第一話ですべて決まるというくらい、一話の内容にかなり力が入っている作品だと思います。シナリオやキャラクターの設定も細かく、これからの展開が楽しみな作品。

『がっこうぐらし!』
まんがタイムきららで連載中の漫画作品が原作。
この系統の作品は、可愛い女の子が学校でキャッキャウフフしてる内容がほとんどだと思っていましたが、原作にニトロプラスの方が関わっているというせいで、ただの学園漫画ではないちょっと歪なモノになっています。
ネタバレすると、ゾンビに囲まれた学校で主人公たちが寝泊りするという少し、変わった作品。
そして、第一話ではゾンビに襲われる前の状態(主人公の妄想)を描いたところからスタートとなります。
なんというか学園モノの明るい感じとゾンビに襲われるハードなところが見事に合わさって、すごくハラハラしてしまいます。この辺はまどかマギカを観ている感じに近いかと思います。
今まで明るい学園モノが多かったきらら作品に一石を投じるような、そんな作品です。
ぜひ、観てください。

『シャーロット』
原作、脚本は、Angel beats!で有名な麻枝准さん。アニメ制作も同じくP.A.WORKS。
この作品の特徴は、クズみたいな主人公とそれを振り回すさらに危険なヒロインとその仲間たち。
特殊な能力に目覚めた主人公がヒロインらと共に他の能力を見つけて脅迫するそんな内容です。
面白いところは、キャラクターの考え方があまり大きく出ないところ。とにかく一般人がもし特殊な力に目覚めたら、という感じで描写されているのがミソです。一話は特に、能力に目覚めれば誰もがやってしまうのではないか、という主人公のゲスな行動がとても面白く共感できます。
ところどころ設定に穴があるようにも見えますが、それもこの作品の特徴なんでしょう。
しかも特殊な能力は不完全なモノらしく、これからどのようにそれが進化してストーリーに影響していくのか。それが楽しみなところです。

とまぁ、少しですが今期の気になったアニメ作品の感想を書いてみました。
未視聴の方は、ぜひ観てください。

では、また

コメント

非公開コメント

No title

密かに待ってましたw

>ケイオスドラゴン
アプリゲー原作かと思ってました。
メデイアミックス作品なんすね

>がっこうぐらし
主人公がいっちゃてるのかと思ってましたw
これからゾンビとかの世界観が
この日常ものにどう絡むのか
混ざるとどうなるのか気になります。
まどマギってそんな話なのねw

>シャーロット
主人公がクズすぎてあれだったけど
最期の方ざまーと思ってみてましたw
オムライスは好きです。

奇跡的に三作品とも1話は見てた。
ちょっと付き合ってみますね。

Re: No title

まんまるさんへ

どの作品も見どころ多いと思うので、長くお付き合いをしていただけたら幸いです。