超可動合体!グレートゴーバスター


ゴーバスターズのガシャポンシリーズを紹介。
エース、ゴリラ、ラビットが彩色変形とかでまたライナップしています。
因みに今回は、7回やってラビットだけ当たりませんでした。

ゴーバスタービート
   
他のスタッグ、フロッグ同様、今回新たにラインナップされました。
エースと同じようにロボモードで固定。変形しません。
合体状態も微妙に再現可能。足の武器を持たせることはできません。

スタッグビートル
 
ビート・J・スタッグが乗るバスターマシン。
スタッグビートルは、どのシリーズでもちゃんと変形ギミックを再現できるので良いですね。

 
左の超変形シリーズと比べて、今回は合体変形ギミックが付いてるものの大きさはほぼ同じです。
違いといえば拳のパーツがあったり、足の色が違うくらい。


今回付属する合体用パーツ。これは後々……。


ビートとスタッグを比べて。劇中と同じ大きさだと思います。
比較画像はないですが、エースよりビートのほうが少し大きいです。

~バスターヘラクレスの合体~


ビートの頭部をまるまる交換。ここのジョイントがとっても硬かったww

   
スタッグビートルをパーツごとにバラし、付属のパーツを挟むように装着。
この際グレートゴーバスターのパーツは、余剰になります。

 
ビートの右手にライフルを持たせ、胸や左手にスタッグのパーツを付けることで完成。
ただ右手のライフル、手の保持力があまりなくちゃんと持たせることができません。
ポーズも撮りにくい……。


大きさは、ゴーバスターオーと同じくらい。
ただヘラクレスのほうは、パーツのポロリが多いのであんまりガシガシ遊ぶのには向いてません。


もちろんエーススタッグカスタムに合体することも可能。
ライフル持たせて左腕にスタッグを付けてるだけですが、エースの可動が良い分こっちのほうがポーズ決まりやすいです。

ゴーバスターエース
 
左が今回のエースで右が前のエースです。
パッと見はあんまり違いないですが、シールが少し違っていたり、腕の部分の塗装もシールに変わってます。
ガチャには、「前よりも可動アップ!!」とか書いてありましたが……多分あんまり変わらないです。
頭部のシールは今回のほうが良いですね。


まぁ、せっかく二体揃ったので劇中のエースVSエースを再現するのもアリかと。
ただ前の弾で揃えてる人にとっては、少し厳しいかも。私はこれでエースが三体になってしまったので……。


ゴリラも今回で一回ダブリました。
前のと比べ、彩色が少し濃くなり少し渋めの青になりました。
相変わらず置物。

 
今回初のラインナップであるフロッグ。
ウサダはダブリませんでしたが、フロッグが二回ダブリましたww

型はウサダの使いまわしかと思いきや、黒のパーツ以外すべて新規のものになっています。
ミサイル部分はシール。口からパンチが出るギミックはありません。

ゴーバスターケロオー
 
劇場版に登場する合体ロボ。
元のゴーバスターオーのおかげで可動は相変わらず良いです。
かなり自己主張だったゴリサキの頭がないので、体のバランスも良好。


そして、大量の余剰パーツを残して……、グレートゴーバスターへ合体
  グレートゴーバスター
パーツが大分ゴチャゴチャしているせいで、パーツのポロリがかなり多くなり可動も微妙なトコです。
ただ見栄えとかは十分。玩具版よりは動くので、必殺技のポーズも問題なく取ることが可能。
今回はウサダ以外、新規の商品を使っていますが。今回ライナップのウサダのほうがプロペラも塗装されていて、見栄えはかなり良いです。
余裕のある人は今回のバージョンで全部揃えたほうがいいかと思います。


丁度エースとゴリラがダブったので、ケロオーとグレートを並べることができました。
そのうちバスターマシン量産計画とか劇中に出たら、こんな風にロボが並ぶこともあるんだろうか。

これからのゴーバスターズの展開に期待です。


では、また

コメント

非公開コメント