スピリットエボリューション アグニモン レビュー

アグニモン (14)アグニモン (2)
今回は、デジモンシリーズ4作目「デジモンフロンティア」からバンダイスピリットエボリューション アグニモンを紹介。

アグニモン (5) アグニモン (8)
箱の中身。デジモンシリーズ恒例だった超進化シリーズと違い、こちらはパーツ数がかなり多い玩具なので、中身も二つに重なって箱の中に入っています。

因みに中古で6800円と3600円の二つが置いてあり、私はもちろん安いほうを買いました。しかし、おそるおそる確認してみると足パーツの関節が両方とも壊れていました……。
次からは、ちゃんと確認してから買おう。

因みに壊れたパーツは、接着剤で直しました。

アグニモン (11) アグニモン (15)
まずは、この玩具に必要不可欠な素体フレーム。
左の人型フレームが劇中でいう主人公にあたり、右の素体がデジモンのアーマーをつけるためのスピリットです。
この玩具は、聖闘士星矢みたいにスピリットと呼ばれるアイテムをキャラクターが装着し、デジモンに変身するという少し変わったものとなっています。
そして、主人公が赤で他に白、青、緑、ピンク、黒と戦隊モノみたいにカラーが当てられています。
なので今回のアグニモンは、主人公が一番最初に変身するデジモンです。

アグニモン (6) アグニモン (3)
次にアグニモンのスピリット、もとい彫像モード。
先ほどの台座にアグニモンのパーツを付けた状態です。

劇中では目の部分は、黒なのですが……玩具の関係上表情が付いてしまっています。
うーん、ちょっと不気味な感じ。
台座も固定できるわけではないので、きちんとまっすぐに立てられないのは少し残念。

アグニモン (9) アグニモン (16) アグニモン (12)
そして、こちらが人型フレームにパーツを付けた状態のアグニモン。
ホントに玩具自体は、聖闘士星矢と変わらんww

しかし、パーツを付けたことでお互いが干渉し合う上に、接地性も悪いという……。
つっ立ってたらあんまり悪く見えませんが。

アグニモン (4) アグニモン (10) アグニモン (13)
各部の可動はそれなりに。しかし、あんまり派手なポーズとかは付けられません。
足も一応上がりますが、何か支えがないとすぐ倒れてしまいます。

アグニモン (7)
最後は、顔アップで。
造形はまぁまぁ良いですが、やはりパーツ同士干渉しあうのが良くないですね。

海外ではスピリット状態からデジモンへ変形できるタイプのものが発売されたり、あとは人型デジモンから獣型デジモンへ変形する劇中の「スライドエボリューション」を再現したものが発売されたりと、かなり種類が多いです。
しかし、日本で発売された玩具はメイン二人のスピリットだけという……悲しいものになってしまいました。

元々、デジモンの玩具は日本より海外のほうが種類が豊富らしいです。
特に「デジモンフロンティア」は日本であまり人気がなかったようなので、ラインナップに関しては仕方がなかったのかなぁ……と思います。
因みにメインキャラ唯一の紅一点、フェアリモンとシューツモンは最後まで玩具化しませんでした。

海外だけでなく日本でも、玩具のラインナップを増やしてほしいですね。
今後、そういう企画があるのかどうかは、わかりませんが。


では、また




コメント

非公開コメント

No title

是非ヴリトラモンを手に入れて遊びの幅を広げてください^^

石毛 佐和さんの声が好きなので泉ちゃんが好きですた(*´∀`)
女の子系デジモンがあまり玩具化されないのは毎度の事や・・・(´;ω;`)

Re: No title

イルレイさんへ

コメント返信が遅れてしまい、申し訳ありません。

このシリーズ、なかなか見つからないんですよね……。
探すのけっこう大変でした。

たしかに、よくよく考えてみれば女の子系デジモンが玩具化することってあんまりないですよね。
せめてそういうのは、他の可動フィギュアとかで補完してほしいですねー。

トラックバック

まとめtyaiました【スピリットエボリューション アグニモン】

今回は、デジモンシリーズ4作目「デジモンフロンティア」からバンダイスピリットエボリューション アグニモンを紹介。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。