プリズムフラッシュ

             
超新星フラッシュマン

ストーリー
時は地球暦1966年。全宇宙を旅し、さまざまな生態改造を続けてゆく改造実験帝国「メス」。彼らの指揮下であるエイリアンハンターの一団は、辺境の星・地球で現地生物の収集を行った。その中には、人間の子供達も含まれていた。

さらわれた幾人もの子供達のうち、わずかに5人だけが異星人・フラッシュ星人に救われ、遠く離れたフラッシュ星系の5つの星へ分かれて育てられた。それから20年。成長した5人は自分達をさらったメスが地球侵略を計画していることを知り、養親の説得を振り切って地球に帰還、親子の絆を引き裂いたメスへの怒りとともに、地球を守るべく、フラッシュ星のテクノロジーで武装した戦士・フラッシュマンとして戦う。

メスの脱走者であり、フラッシュ星人の英雄・タイタンの遺志を伝えたレー・バラキや、20年前に失踪した子供の行方を追うべく独力でタイムマシンを作り上げた時村博士とその一家の支援・協力を得ながら、彼らはメス撃退と肉親捜しという困難な命題に立ち向かっていく。

しかし養親が彼らの帰還に反対したのは理由があった。タイタンがそうだったように、フラッシュ星で育った者は、本来地球人であるジンたち5人も含めて長期的には地球の環境に適応できず、「反フラッシュ現象」と呼ばれるショック現象を起こしてしまう。体調に異変を生じ、このまま地球に留まることは死を意味することを知った彼らは、いっそう激しさを増すメスとの戦いだけでなく、残された時間とも戦わねばならなくなっていく。

わずかな時間の中で彼らはメスに勝てるのか、それとも敗れてしまうのか。

感想
こちらもギャバン同様、公式の配信動画で観てたんですが。
配信が待ちきれず、最後はレンタルして観ましたww

戦隊でも珍しく「中国残留日本人孤児」をテーマにした作品。

話の流れとして、宇宙人に攫われたフラッシュマン五人が地球へもどり、メスと戦うという話です。
話が進むうちに本当の両親を見つけるという展開も盛り込まれて、終盤はかなり面白かったです。

次番組の光戦隊マスクマンも好きですが、この作品もテーマに則りつつとても完成された作品だと思いました。

テーマのほうだけでなくロボ戦もかなり白熱し、1号ロボから2号ロボへの交代劇は、戦隊ではこの作品が始めてです。1号ロボがやられてしまうのもこの作品が最初でした。

2号ロボであるタイタンボーイは、後の戦隊ロボ二体合体への伏線になるような合体パターンを導入。
あとグレートタイタンのデカさに毎回驚きましたww

なりきり装備として、前作のチェンジマンから導入されていた銃が剣と盾へ変形する機能がこの作品以降廃止されてしまいます。
また、五人の装備が合体し、必殺武器になる設定もしばらく廃止。ジュウレンジャーのハウリングキャノンまで出てこなくなります。

タイトルの超新星のとおりフラッシュマン五人がプリズムと呼ばれる個人能力を持っています。
レッド→プリズム聖剣(赤色の両刃剣)
グリーン→プリズムカイザー(緑色のガントレット)
ブルー→プリズムボール(全身を覆う青いボール)
イエロー→プリズムバトン(黄色のバトン)
ピンク→プリズムブーツ(ピンク色のブーツ)
玩具化が前提の能力などではなく、あくまでフラッシュマンが作品内で使う設定なのですが、個人的にこの能力が一番気に入ってますww
アーツ化するならぜひ、このプリズムもちゃんと再現してほしいです。

前作のチェンジマンは、子供向け戦隊という昭和の名残が残っていましたが、この作品では様々な新基軸を導入。
バイオマンにあったドラマやテーマ性がこの作品でうまく生かされる形になったと思います。
ラストは、ダイレンジャーのラストみたいに余韻が残りそうで心配していましたが、綺麗にまとまっていて、とても良かったです。


では、また




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。