アニメ感想

ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 12話(終)
「はじまり色の季節」

とうとう最終話を迎えました。

ぱんにゃとの別れや学園の統合の話など、最後に残らないようすべて終りました。
ヒロインである愛理の成長もうまく描かれていて良かったと思います。
しかし、まさか愛理が学園長の娘だったとは……。

主人公が愛理とくっ付かなかったのは残念ですが、アニメ以外の展開に期待しときます。

もしくは、これを機に原作をやるという手も……。

ギルティクラウン 11話
「共鳴:resonance」

ウィルスが再び発症しましたが、集のクラスメイトたちは無事のようです。
葬儀社を助けるために集と祭たちが協力。

主人公が単独で行動する展開は、なんか燃えますね。
何気に祭たちのヴォイドが攻守バランスよく揃ってて無敵。

ウィルスもいのりの歌のおかげで静止しました。
デジモン02でも同じ展開あったなぁ……。音に音をぶつけて相殺するという。

しかし、最後に新キャラが登場していのりからヴォイドを奪ってしまう。
涯は、集をかばって重症を負ってしまうし……。

そろそろ、次で終わりなのかね。
個人的に綾瀬やツグミが葬儀社に入るきっかけになった話を、外伝とか読んでみたいです。

UN-GO 11話(終)
「私はただ探している」

やっぱり生きてた海勝 麟六。

前々から胡散臭かった速水課長が犯人でした。
他にも新人議員の倉満とか。

別天王は、因果とのバトルの末、食べられてしまいました。
惜しい……。
あと風守の出番が少ないうえ、台詞もないとはどういうこと!?

戦闘シーンは、かなり荒ぶってました。
というより今までは推理で終わらしていたのに、最後で戦闘シーンくるとは思ってませんでした。
最後の最後は、新十郎の推理が展開しましたが。

因果の体は、劇場版に出てきた女の人の体だそうです。
EDに毎回出てくる、テレビ版に出てこない女性。

劇場版は、レンタルで出るまで待つしかないか……。


では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。