アニメ感想

C3 -シーキューブ- 11話
「狂信者は何処かにいる」

事件の被害者の共通点は、全員がビブオーリオファミリーの一人だったこと。
つまり最初から死ぬことを運命付けられていた。
フィアを仲間に入れるためなら死ぬことも辞さないらしい。
狂ってるでぇww

春亮と委員長、黒絵の三人は、アリスの策略で人質になってしまう。
これでフィアを仲間に引き入れようとするが。

戦闘シーンやフィアの狂乱した顔が見れないと、イマイチ物足りなさを感じますww
委員長も所属していたグループを抜け出してきたようで。

しかし、残り話数少しなのに、この展開は……。

真剣で私に恋しなさい! 11話
「真剣で私と出撃しなさい!!」

大和の取り合いが激化。
百代と他4名のヒロインたちによる決闘が行われる。

百代が自分の気持ちに始めて気付く回。
気付くの、長かったですね……。

しかし、ここで大和とのカップルが成立してしまうと他四人が可哀そうな気が。

因みに次で最終回。
作品名がとうとうタイトルになる時が。

Fate/Zero 11話
「聖杯問答」

戦闘と言うよりセイバー、ライダー、ギルガメッシュの三人で酒を飲み交わすという聖杯問答。
ここでセイバー、ライダーの願いが聞けるわけですが。

セイバーの願いを聞き大笑いするギルガメッシュ。
このときのセイバーの考えはステイナイトの終盤まで変わらないんですよね。
なんというか頑固。

ライダーは、本当の肉体を得て事実上転生?したい、みたいのことを言います。
このキャラらしいなと思いました。
まぁ、その後ギルガメッシュがそれを叶えてしまうわけですが……。

蹴散らされるアサシンたちが何とも哀れでした。
これは、もうアサシン退場と見ていいのか。

この対応に嫌味を漏らすギルガメッシュ。
そろそろ造反のときか。
ということは、綺礼もいい感じに元へともどるんですかね。
ラスボスの風格へと。


では、また

コメント

非公開コメント