アニメ感想

ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 7話
「たそがれ色のブランコ」

天羽回かと思ったけど、紗凪回だった。
相変わらずクズ虫とか言ってるが、今回は徐々にデレてくる。

天羽先輩がおっとりしてるようで、意外に策略家っぽくて怖い……。
瓜生に対して、ストレートに気持ちを表すあたり、やはり意識してるのかな。

最近は、他のキャラにスポットが当たるので愛理があんまり活躍しない。
あと妹の存在感がほんと薄いです……。攻略キャラなのにこの扱いは。

いずれメイン回やってほしいなと思う今日この頃。

まぁ、一番可愛いのは、ぱんにゃだがww

ギルティクラウン 6話
「檻:leukocytes」


涯生きてました。そして、他の隊員全滅。
「運がなかった」って、やっぱモブだから(オイ

相変わらず涯に対立する集だったが、涯の本心を聞き、改めて作戦に協力する。
しかし、作戦に失敗。
敵の衛星が東京へ落下してしまう。

集は、いのりから新たに別のヴォイドを使い、落下する衛星を破壊した。

集が持ってたペンですが。
ボタンを押すとそこへ敵の兵器が攻撃をしかけるという、発信機だったようです。
やっぱりなww

涯は、そのことを知ってたらしいですが、泳がせてたのか?

いのりから出てきた別の女の子から今回新たなヴォイドが出てきたわけですが、
やはり主人公と関係ある人なんだろうか。

UN-GO 6話
「あまりにも簡単な暗号」

推理うんぬんっていうか、依頼者が全部語ってくれたよ!
因果の能力も使わなかったし。ていうか風守、便利すぎる。

子供の遺体が見つかってENDかと思いきや、施設で預かってました……って。
こっちのほうがびっくりだww

しかし重要なのは、事件ではなく別の新キャラ。
EDやOPにもいた女の子も出てきましたね。てか、集なにしてんだww

これからヒートアップしていきそうです。


では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。