作品紹介

トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ

ヘッドマスターズ

あらすじ
400万年前、戦乱の続く故郷「セイバートロン星」を離れ、平和な新天地を求め旅立つ者が多くいた。その中に「マスター星」と呼ばれる惑星に不時着した者達がいた。この惑星の自然環境はあまりに過酷であり、彼らはそれに耐えるべく独自の進化を遂げた。その彼らこそが、「ヘッドマスターズ」である。

そして『2010』の翌年、西暦2011年から物語は始まる。マスター星を追放されたスコルポノック達がガルバトロンが指揮を取るデストロン軍団に加わる一方、同じくマスター星から彼らを追い戦艦マキシマスでセイバートロン星へとやって来たフォートレス達がサイバトロン戦士として加わり、戦いが再開された。

やがてサイバトロン総司令官はロディマスコンボイからフォートレスへと移る一方で、新破壊大帝ガルバトロンの滅亡と共にスコルポノックがデストロンリーダーとしての実権を握り、自らを恐怖大帝メガザラックと名乗る。

全宇宙を支配しようと企むデストロン軍団とそれを阻止せんとするサイバトロン戦士との戦いが、壮大な宇宙を舞台に繰り広げられる。



感想
全38話ですが、最後の3話は総集編なので実質的な内容は35話。
日本製トランスフォーマーの第一弾でもあります。前作までは、海外アニメの日本語吹き替え版。
そのおかげで海外では禁止されていたシリアスな展開、殺人のシーンなどが加わって、よりドラマに重点が置かれた内容となってます。子供向けな内容もちゃんとありますww

国内の2作目までのトランスフォーマーの設定を引き継いでるだけで、話の内容はパラレルワールドみたいな形になってます。
コンボイ、ガルバトロンなどお馴染みのキャラは出ますが、主人公はヘッドマスターのクロームドームなので登場は、控えめになってます。

ヘッドマスターとは、変形時に頭部となる小型ロボが付いたトランスフォーマーのこと。
最近の作品だと爆外伝ボンバーマンビーダマンVみたいなロボ。

このシステムは、よくできてるのですがコストが掛かりすぎるとのことで途中から武器へ変形するターゲットマスターというトランスフォーマーが出てきます。
他にも敵に6段変形のシックスショット、要塞形態をとるマキシマス、一発変形のギミックを持ったツーインワンなど多種多様なギミックを持ったトランスフォーマーたちが出てきます。

一番最初に見た回が、最大のシリアス回である28話だったので他の話を見たときは、ちょっと驚きましたww
ザル警備、大体デストロンの仕業など相変わらず両陣営のコミカルなギャグが面白いです。

あと有名な声優さんたちもたくさん出てるので、なんというかテンションがww







では、また

コメント

非公開コメント

No title

ある意味、この作品で「ダイアクロン」と「ニューミクロマン」が
日本に「戻ってきた」訳ですよね。
OPは音源持ってるし、
EDは昔よつべで観たことあったわw

なんか玩具欲しくなってきましたw

Re: No title

まんまる。さんへ

タカラ玩具の歴史とか見てて、なるほどと思いました。

やはり、この頃の玩具が一番好きだww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。