アニメ感想

すいません。今回は今まで溜まってたアニメのレビューをします。
なので少し文章長くなるかもしれません。ご了承ください。

『とある科学の超電磁砲 22話』

『チャイルドエラー』であった春上の友達とは、かつてが戦った木山教授の教え子枝先だった。
彼女の声がテレパシーで自分にも伝わってくると話す春上を見て、初春たちは、まず枝先を探し出すことに。

しかし、彼女は、病院を転々としており、どこにいるかのか消息を掴むことができなかった。

調べを進めてる中、以前の事件でアンチスキルに捕まっていた木山が保釈されていることが判明。
それを知った美琴は、一人で木山のことを探る。

すでに使われなくなった施設で美琴は、そこで木山を発見。二人は他の施設へ移動、そこで美琴は驚愕の事実を知る。

学園都市で起こっているポルターガイスト,地震の原因は、木山の教え子、枝先たちにあった。
以前の人体実験が原因で枝先たちは、昏睡状態に陥りながらも暴走能力者として、覚醒。

彼女たちが意識を取り戻そうとすれば、学園都市にポルターガイストや地震が頻発。大惨事となる。

しかし、枝先たちのことしか頭にない木山は、それでも彼女たちを起こさせようとするが、そこへ話を聞いていたテレスティーナたちが登場。枝先たちを保護すると言い出す。

反論する木山だが、美琴は、なんとか彼女を説得。枝先たちは、別のところへ搬送されたのだった。

なんとなくすっきりしない終わり方。多分、テレスティーナが悪っぽい感じ。
しかし、もうそろそろ終わりそう。けっこう長いことやってると思います。


『聖痕のクエイサー 9話』

前回の続き。サーシャを呼び出した朽葉 葵は、自分の兄朽葉 悠を倒すようサーシャに懇願する。
しかし、遠目からそれを見ていたまふゆは、苛立ちを感じ、サーシャに噛み付いてくる。

そこへ怪我をしたカーチャが現れ、テレサが攫われたことを知る。

サーシャの言いつけで家に泊まることになったに真相を聞いたまふゆ。
『アデプト』は、協力なクエイサーを育成するため世界各地から子供を集めているということ。
朽葉兄妹もその一人であった。
そして朽葉 悠は、クエイサーになってしまったことで変わってしまったと彼女は言う。

しかし話ている最中、急に朽葉 葵朽葉 悠へ変貌。かけつけたサーシャによってその場は、収まるが・・・・・・。まふゆは、悠(葵)を倒すことに納得がいかない。

サーシャは、そのまま悠(葵)のあとをつける。彼がたどり着いた倉庫には、テレサが捕まっており、サーシャは彼女を救い、悠と戦おうとする。

の正体は、の多重人格、彼女に宿るもう一つの人格であることが判明。
アデプトの訓練中、誤ってを殺してしまったは、精神崩壊を起こし、その最にもう一つの人格としてが生まれたのだと言う。(どーゆーこと!?)

酸素を操る悠(葵)を相手に苦戦するサーシャ。戦闘中、地面を破壊され、サーシャは、まふゆと共に地下へ落ちてしまう。その後、まふゆは、気絶したサーシャにソーマを分け与え、なんとか復活。悠(葵)と再戦。

ステンレスと黒錆を使った剣を精製したサーシャは、なんとか悠(葵)を撃退したのだった。

なんだか、今までの聖痕のクエイサーの中で一番好きになりそうな話。
というか悲しい話でした。
まふゆサーシャへの気持ちも再認識したようですし、これからどうなるかわかりませんね。

ダン

『少年激覇ダン 25話』

初っ端からいきなりバトルで剣蔵負けてるんですが・・・。

今回は、クラッキーがメインの話。
前回からですが、やはり華実のことが許せてないようなクラッキー
そのことで、度々魔ゐと対立することも・・・。

そこへ異界三巨頭の一人レオンが登場。華実を引き渡すよう言うが、魔ゐは、反対。バトルをするが、1分も経たないうちに敗北。続けて剣蔵がバトル。しかし、前述のとおりあっという間に敗北。

その後、華実が戦おうとするがそこへクラッキーが登場。代わりに戦う。

レオンに圧倒されるもそれに対抗し、反撃するクラッキー。そして、勝利。

戦いの中で、迷いが消えたクラッキーは、華実を守ると誓う。しかし、やりすぎて逆に撃沈。
意外と華実冷たい・・・。しかし、この乗りは、いいかも。

しかし混色デッキ・・・て、白,青,紫・・・なんか使いづらそう。
凍獣マン・モールをレベル1で出すなんてもったいない・・・と思いました。

そして、異界三巨頭が聖闘士星矢の冥界三巨頭となんか被る。
四天王とかだったらダメなのか・・・(異界四天王)


次回も楽しみです。では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。