思い出の先生

ウルトラマン80




~ストーリー~

激しかった怪獣との戦いが過去のものとなり、地球には平和が続いていた。

そんなある日、桜ヶ岡中学校に新人教師・矢的 猛(やまと たけし)が新しく赴任してきた。「一所懸命」をモットーとする彼はさっそく、1年E組を受け持つことになったが、5年ぶりとなる怪獣復活を確信して個人的に調査を続けていた。

矢的猛の正体こそ、M78星雲から秘密裏に地球へ派遣されていたウルトラマン80だった。人間の負の感情・マイナスエネルギーが怪獣を生み出すということに気付き、それを根本から断つために教師として働いていたのである。

やがて、5年ぶりに出現した怪獣クレッセントを倒したウルトラマン80=矢的猛は、地球防衛軍の極東エリア・UGMのオオヤマ一樹キャップにその熱意を認められ、UGMへ入隊。UGM隊員と教師という2つの職業をかけもちしつつ、怪獣と戦っていくことになる。


~感想~

サンライズ制作の『ザ☆ウルトラマン』の成功を受けて、1980年に製作されたウルトラシリーズの作品。
80という名前は「1980年代の新たなウルトラマン」を由来にしているそうです。

この頃放送されていた『3年B組金八先生』のように、主人公が学校の先生をやりつつ、怪獣と戦うという話を展開していました。
しかし、途中で担任の設定はなくなり、従来のウルトラマンと同じ展開となりました。

個人的に前半の内容のほうが面白くて好きなんですが……この路線変更は、正直残念でした…。

朝~夕方は、学校の先生。夜はUGM。
…と深夜に動くことが多いためか、戦闘シーンも夜景が多かったです。
それでも綺麗に撮れていました。

明るい話の展開が多く、シリアスなシーンがあまりないため、平成ウルトラ作品の元になっているような気がします。CGがない平成作品という感じ。

メカニックやミニチュアなどは、けっこう凝っていました。
UGMの基地には滑走路があり、実際にある米海軍厚木基地をモデルにしているそうです。

初の女ウルトラマンとしてユリアンが登場。しかし登場は、一回だけ。


この作品から26年後、実現されていなかった教師編はウルトラマンメビウスで完結しました。
このときは、泣きそうになったww


では、また

コメント

非公開コメント

No title

80は小学生の頃にビデオを借りて見てました。
一番楽しめた昭和ウルトラだったかもしれないです。
印象に残った怪獣はアメーザですwww
メビウスでの80の話も良かったですね。

No title

80年代の新たなウルトラマン…
結局、80だけだったのが惜しまれる…

80年代のウルトラマンもっと観たかったなぁ
もしやってたとしたら、
間違いなく好きになってただろうなw

アンドロメロスがそれなのかな?
観たことないけど^^;

Re: No title

涼村朔也さんへ

80は、明るくて楽しめる作品だと思います。

アメーザww
トラウマになりそうな話だったようなww

ディケイドもメビウスみたいに製作してほしかった…。

Re: No title

まんまる。さんへ

80は、好評だったという感じではなかったですしね…。
仕方ないのかも。
こっから平成シリーズまで、けっこうな期間でした。

個人的にアンドロメロスは、あまりオススメしないww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。