アニメ感想

昨日の朝寝て、目が覚めたらなんと今日の朝2時じゃないですか!
どうしましょう・・・なんとも言えない気分です・・・。

なので気分転換!!ということで今日から『デュラララ!』&『ひだまりスケッチ』もアニメ感想に入れたいと思います。よろしくお願いします。

本当なら毎週金曜日は、『バカテス,おまもりひまり,おおかみかくし』をレビューしてるのですが、毎回、動画の視聴が間に合っていないため、こちらのレビューは、土曜日のほうへ移動します。
本当にすいません。


デュラララ!!

『デュラララ!! 9話 依依恋恋』

すいません。かっ飛ばして9話からのレビューになってしまいます。一応、あらすじだけでも書いておきます。

東京・池袋。
都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人(りゅうがみねみかど)は、幼馴染の紀田正臣(きだまさおみ)の
誘いもあり、地元を離れて池袋にある来良学園に入学することに。
正臣曰く、池袋に住む上で敵に回してはいけない存在が何人かいるらしい。
特には、喧嘩上等のチンピラ・平和島静雄(へいわじましずお)と、趣味で情報屋を営む
折原臨也(おりはらいざや)の二人。
そして、奇妙な組織体系を取る詳細不明のカラーギャング“ ダラーズ”。
上京した初日、そんな正臣の話に不安をおぼえた帝人が目撃したのは、
漆黒のバイクを駆る都市伝説“ 首なしライダー” だった・・・・・・。

さらには連続通り魔事件や池袋に根付くカラーギャング“ 黄巾賊”の存在まで浮上し、池袋の街が壊れてゆく――。


という話です。が―――
アニメは、1話毎にメインとなるキャラクターの過去話をしていくような物語になっています。
主人公は、「首なしライダー」ことセルティ・ストゥルルソンという女性です。
毎回の作品の時間軸は、ほぼ一定。このキャラがこの場にいるとき、同じ時間に他のキャラは、こんなことをしてるんですよーという感じで1話毎進みます。最近は、そうでもないですが・・・。

なんとなくですが、原作のライトノベルを読みたくなるような話の形式。今回の話の一部は、ライトノベルでは、1巻の冒頭部分にあたります。でも少し変わった話の進み方は、この作品の好きなところでもあります。
わかりにくいかもしれませんが・・・。

今回の話は、矢霧 波江(やぎり なみえ)とその弟の矢霧 誠二(やぎりせいじ)とその彼女張間 美香(はりまみか)がメイン。
話は、矢霧姉の視点で始まります。

矢霧弟を狂的なまでに溺愛している姉の話なんですが、結構重要っぽい話かも・・・。セルティの行方不明の首についても進展があったので。

気になる人がいれば、ぜひ見てみてください。
ってもう9話ですが・・・。


ひだまりスケッチ

『ひだまりスケッチ×☆☆☆ 8話』

こちらもかっ飛ばして8話からの感想を書きます。すいません。

~物語~
憧れの私立やまぶき高校美術科に入学したゆの。
親元を離れ、学校のまん前にある小さなアパート『ひだまり荘』で一人暮らしをはじめたゆのは、そこで同級生の宮子、先輩の沙英とヒロの三人に出会う。
美術科の変わり者が集う事で有名なひだまり荘では、毎日がてんやわんやな出来事ばかり。
しかし、慣れない生活に戸惑いつつも、優しく温かい仲間に囲まれながら、ゆのは今ゆっくりと夢に向かって歩き出す。


制作は、シャフト。今放送してるのは、第三期です。

シャフトの演出と相まって、ファンに愛されてる作品だなぁと思います。
ほのぼのとした展開と現実的な展開がおもしろいです。

今日の話は、学食のカニチャーハンの話とゆのの話。

ゆのが自分の技量を気にして、悩んでしまうのですが、それをヒロが支えるという話。私的によかったです。

私も昔デッサンをしてるとき悩んでいると画塾の先生や両親に支えられたのを思い出します。
こうして、考えると周りに支えてくれる人がいるからここまで来れたんだと思います。その後のこと、云々ですが・・・。

すいません、話をもどします。
この作品、ほのぼのとした雰囲気を感じたい人,一息入れたい人は見てみるといいと思います。
おもしろいですし、元気が出ます。なんとなくですが。

最後に『ひだまりスケッチ×☆☆☆』のOPを・・・。それでは、また。




コメント

非公開コメント

いつもありがとうございます

こんばんは。^^

僕のブログへの書き込み、ありがとうございました☆
とても嬉しかったです。

まこすけ様のブログの記事、僕も視聴していて書き込みできる作品がたくさんあるため、どの記事に書き込みをさせていただこうか迷いましたw
まこすけ様の地域の方が、僕の地域より1週間早く放送されているようなので、少し遅れての書き込みになります。^^;

『 デュラララ! 』も『 ひだまりスケッチ 』も面白い作品ですよね♪

『 デュラララ! 』は、『 バッカーノ! 』の成田 良悟氏の作品+ブレインズ・ベースの制作だけあって、不思議な面白さがあって魅力的な作品だと思います。
ブレインズ・ベースが制作なさったアニメ、個人的には どれも大好きです☆

『 ひだまりスケッチ 』は第一期からずっと観ていますが、やはり良作だと思います。
個人的には、あの ほのぼの~した穏やかな感じが大好きです。
『ARIA』シリーズと同様、癒し系でしょうか。^^

実家、お気をつけて いってらっしゃいませ。
無事のご帰還をお祈り致します。
それでは、失礼致します。

こちらこそ

柊 真さんへ

いえいえ、こちらこそコメントありがとうございます。
柊 真さんのコメントは、いつもしっかり書いてあって、私も読んでいてとても楽しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。