アニメ感想

神のみぞ知るセカイ 11話

汐宮 栞ルート完結。

視聴覚ブース設置を反対するため、朝から図書館に引き篭ってしまう栞。

図書館の扉が暗証番号製とか、どんな学校だww

外からその様子を見ていた桂馬は、誰にもバレないよう屋上から図書館へ侵入、栞と話をする。

本当に守りたいのは本なのかこの図書館なのか、と

子供の頃から嫌なことがある度に図書館へ逃げていた栞は、自分が図書館に依存していたことにようやく気付く。
桂馬は、そんな彼女の後押しをするようにキスする。

その後、栞は自分の言い分を初めて口に出してしゃべれるようになった。
栞の意見を聞いて視聴覚ブースの件は、再検討するそうです。

今までのルートの中で一番話が長かった気がします。
個人的に栞が主人公で、彼女が成長していく話という感じでした。
前回よりは、良かったです。

今改めて思ったのは、攻略対象に話の焦点を合わすと主人公の桂馬、ヒロインのエルシィが脇っぽくなる、ということでした。アニメ版しか見てないので原作のほうは、どうなのかわかりませんが……。
まぁ、次で最終回なので……。

こういう作品は、アニメで盛り上げて限定版DVDやOVAで続編とかやりそうな感じですねww

コメント

非公開コメント

トラックバック

(アニメ感想) 神のみぞ知るセカイ 第11話 「おしまいの日」

神のみぞ知るセカイ ROUTE 1.0 [DVD]クチコミを見る 図書館では、視聴覚ブース導入により蔵書の一部処分が決定。 大好きな本が捨てられるなんて耐えられない栞は、なんとバリケードをつ ...