アニメ感想



『機動戦士ガンダムUC 1話』

このターンAすごいよ!じゃなくてユニコーン!!

前々から見たかった今期のアニメ『ガンダムUC』しかし、調べてみたらOVAでした・・・。
(ホントは、ガンプラのレビューしたかった・・・)
今回やっと見ることができたので書いておきます。

~物語~

第二次ネオ・ジオン抗争、別名「シャアの反乱」の終結によって地球圏には束の間の平穏が訪れた。

それから3年後、宇宙世紀0096年。工業コロニー「インダストリアル7」において、とある謀議が交わされようとしていた。政財界に絶大な影響力を持ち、地球連邦政府を影から操る ビスト財団が、「袖付き」と通称されるネオ・ジオン残党軍に『それが開かれる時には連邦政府が滅びる』と言われる「ラプラスの箱」を譲渡するという。

一方、コロニー内に設置されたアナハイム工専に通う少年バナージ・リンクスは、オードリー・バーンと名乗る謎めいた少女と出会う。新たな戦争の火種となり得る箱の取引を阻止するべく、たった一人で行動を起こした彼女を手助けするうちに、日常に“ずれ”ているような違和感を抱いていたバナージは次第にオードリーに惹かれていく。

だが取引を察知した連邦政府とアナハイム・エレクトロニクス社が地球連邦軍を軍事介入させ、コロニーは火の海と化してしまう。友人達と必死の思いで避難しながらもオードリーの姿を捜し求めるバナージの前に、ビスト財団当主カーディアス・ビストが現れる。バナージは瀕死のカーディアスから出生の秘密を知らされた上、箱の鍵となる、まるで神獣"ユニコーン"のごとく頭部に1本の角をもつ、白亜のモビルスーツを託される。

バナージは必死の思いでモビルスーツを起動させるが、「袖付き」と連邦の戦闘に巻き込まれる。目の前に出現した「袖付き」のモビルスーツを前に、死の恐怖を感じるバナージ。その時、ユニコーンに変化が起きる。一角が2つの角に分かれ、新たな顔が現れる。

果たして、箱の鍵たる「ユニコーンガンダム」とは何なのか。そして「ラプラスの箱」に眠る宇宙世紀の始まりの秘密とは…。

(wiki参照)

設定は、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から3年後の宇宙世紀です。

ネタバレになるかも・・・なので、一応、感想だけ書いておきます。

最初は、『ガンダム00』みたいって思ってましたが、しばらくして考えを変えました。
私的に昔のガンダムが最近の映像に変わっただけに思えます。
コクピットの雰囲気は、最近のモノですが・・・

最近のガンダムで行う高速戦闘や単純な破壊(ビーム喰らってすぐ爆発とか)などは無く。
ビームサーベルで斬られる瞬間、MSの切断面など、細かく描いてあります。
戦闘シーンは、とてもよかったと思います。

ユニコーンガンダム出たあたりからチートですが・・・・・・。

ファンネルが宇宙を漂いながら動く感じもよかったです。(最近のファンネルは、直線的な動きが多いので)

キャラクターが1話にたくさん出てきて、状況がイマイチ飲み込めなかったですが、主人公が民間人であるところなどは、今までと一緒。この流れが確定なのでしょうか・・・?

ヒロインがまさかのあのキャラですか・・・。外見ですぐにわかりました。

感じ方は人それぞれですが、とてもおもしろかったです。OVAなのが難点ですが・・・・・・。
―――DVDのほうも見なければ。

ぜひ、見てください。それでは、また。

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。コメありがとうございました。
ユニコーンは1話僕も見ましたよ。
確かに戦闘シーンよかったですね。
1話の内容は小説で読んでたので、まだ読んでない次回からが楽しみです。

No title

面白かったので見続けます!
チートはガンダムの特権ですw

ただ、この作品は確実にファースト~逆シャアの流れを知っておかないと見にくいと思いますね。
まぁ、分からない人向けには作られていないのでしょうけどw

近々、自分のブログにも感想を書く予定です(^^)

Re: No title

ミデラコスさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。(^0^)
見てもらえて嬉しいです!感激です!

ユニコーンガンダム、次回も楽しみです。

Re: No title

まんまるさんへ

そうですね。ガンダムの歴史など知っておかないとわからないかもしれません。

これを機にファーストガンダムなど見る人が増えたらいいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。