アニメ感想

『デュラララ!! 18話』

再びカラーギャング「黄巾賊」のリーダーとして、もどってきた正臣。
そこで正臣は、かつて付き合っていた彼女、三ヶ島 沙樹のことを思い出していた。
沙樹は、過去に起こった「黄巾賊」と「ブルースクウェア」の抗争により大怪我を負ってしまい、現在は病院で治療をしていた。
そして、その抗争に若干だが折原 臨也が絡んでいるのだった。


~感想~
切り裂き魔が終わったと思いきや、次はカラーギャングとの抗争が起こりそうな感じです。
メインキャラクターたちは、過去に何かしらの因縁がある人物ばかりですね。そして、それに若干だが臨也が絡んでいると言うわけですね…。若干、関わってるというのが一番厄介かも…。
シリアス差が徐々に増していってますね。



『いちばんうしろの大魔王 7話』

突然、凶弾に倒れるころね。ころねは、大丈夫と良いながら阿九斗の元から姿を消す。

そして、臨海学校で明かされる島の謎とヒロシの故郷。

ヒロシは、勇者だった。
島に封印されていた怪物を倒すため、ヒロシは勇者となって立ち上がる。


~感想~
作画の差がすごかったです。
途中、世紀末みたいな肉体になる阿九斗。ワロスww

この作品は、物語を2つに分けて放送するわりに今回の話は、急展開過ぎました。
とりあえず今回でわかったのは、他作品のパロディやオマージュが多いことでした。



では、また


コメント

非公開コメント