刀語

『刀語 4話』

4本目の変体刀を手に入れるため、巌流島へ向かう七花ととがめ。
ご丁寧に果たし状まで出してきた「薄刀・針」の持ち主 錆白兵(さび はくへい)と決闘をすることになるが……。

その頃、真庭忍軍の虫組の三人 蟷螂,蝶々,蜜蜂は、七花の姉 七実を狙うため島へと向かっていた。

最初の刺客として蟷螂が七実を狙うが、予想外の七実の力に圧倒され、そのまま殺されてしまう。
それに続き、様子を見に来た蝶々,蜜蜂を殺した七実は、しばらくしたあと、七花のあとを追うように刀を収集する旅をはじめるのだった……。

~感想~
見終わって気付いたんですが…錆白兵との戦いがまったく放送されてないんです!
予告では、ちゃんと七花と戦ってたのに…!なんで!?

これから戦うぞ!…という風になってたと思ったら話の終盤で、錆白兵との戦い終わったね!的な話になってたので…本当にガッカリでした……。七実が戦ってる間になにがあったんでしょうか。
動画が間に合わなかったとかの諸事情でしょうか…?それとも、ただのネタ?
もし最初からネタにしてたのならショックですね……。本当に楽しみにしてたんですが………。

来週は、校倉必(あぜくら かなら)と「賊刀・鎧」の話。


では、また

コメント

非公開コメント

No title

はじめまして。
たまにブログを覗かせていただいております。
刀語の第四話ですが、あれはメタフィクション的な演出ですね。
原作でも同様の展開がされているので、製作側の事情ではありません。
原作者の西尾維新は、実験的な試みも多いらしいので、その反応はまさに西尾維新の狙い通りだったように思えます。

Re: No title

ぼすさんへ

そうだったんですか…。
原作同様の展開。わざわざ情報を教えていただき、どうもです。

コメントありがとうございます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。