アニメ感想

『聖痕のクエイサー 12話』

学園に潜入した「水銀使いのクエイサー」エヴァ=シルバーを相手に戦うサーシャ
まふゆのクラスの委員長御手洗 史伽(みたらい ふみか) から「聖乳」をもらい、エヴァを倒すことに成功する。

しかし、エヴァは、倒されてなかった。彼女は、自分のクローンを使い何十年も生き続けてきた本物の魔女だった。
再び自分のクローンを使い蘇ったエヴァは、まふゆを人質にサーシャを誘き出す。
エヴァと戦うサーシャだったが人質がいるせいで思うように戦えない。そして、スキを突かれテレサ共々深手を負ってしまう。

そこへカーチャが登場。まふゆを救い出し、すぐさま三人を守るように戦うカーチャ
まふゆは、倒れたサーシャに自分の「聖乳」を与える。

目覚めたサーシャは、大切なモノを守る気持ちから「クエイサー」としての能力を向上させる。そして、サーシャは、飛び散った自分の血液の鉄分から剣を精製。その剣でエヴァを倒すのだった・・・。

なんかもう『鋼の錬金術師』にしか見えない・・・!!
わかりやすい説明を!!・・・ってたまに思ってしまいます。てかクエイサーは、国家錬金術師並の頭脳を持ってるんですねww

異能力系のバトルモノは、好きなので一応見てますが・・・。『鋼の錬金術師』と違って『聖痕のクエイサー』は自分に合った特定の元素を元に能力を使うので、そういうところは好きです。
これで際どいシーンが無ければ・・・・・・。しかし、そうなると作品が成り立たないんですよね・・・。設定などにも入るし。せめて、設定以外のそういうシーンだけでも控えてほしい・・・。

来週は、『Angel Beats!』が放送されます。再放送アニメも来週で終わりなので、そのあとにどんなアニメが放送されるのか楽しみです。

では、また

コメント

非公開コメント