アニメ感想

『バカとテストと召喚獣 12話』

今回は、Aクラス VS Fクラスのバトル。
今回のAクラス戦までに、秘策を考えてきた雄二は、まず最初にFクラス以外のクラスをAクラスと戦わせることに。
連続の試召戦争で消耗したAクラスを叩く作戦だった。

雄二の作戦により、どんどん生徒数を減らされるAクラスだが、霧島優子は、直接大将である雄二を狙ってきた。
秀吉の姉木下 優子の相手をする明久。しかし、その最中、明久の持つ腕輪が故障。
それと同時に明久たちがいた屋上に亀裂が入り、崩壊。明久雄二は、下へ落ちそうになる姫路霧島を助けようと手を差し伸べる。

そこへ駆けつけた鉄人により、なんとかピンチを救われたのだが、油断していた雄二の召喚獣へ優子の召喚獣の一撃が炸裂。試召戦争は、Aクラスの勝利で幕を閉じたのだった・・・・・・。


全体的にラストっぽくて、よかったと思った回の話。展開がとっても急だが・・・・・・。
予想はしてたましたが、やはりFクラスの負け。そもそもFクラスが勝っちゃったら、ストーリー自体が成立しないわけであって・・・・・・・・・。しかし、最後の最期でアレとは・・・・・・。

いろいろとキャラが総出演していたようで、久々に出たキャラがもういろんな意味で変な方向へ行ってたのは、予想通りでした。あと優子の存在は、秀吉がいるかぎり、あまり目立たないこととか・・・。

私的に保健体育専門のキャラ工藤が好み。しかし、登場回数少ねぇ・・・!!。

次回最終話!?

『おまもりひまり 12話』

前回の続き。妖怪の本性を表した緋鞠は、タマを一撃で倒し、優人たちを攻撃してくる。

緋鞠の攻撃により優人以外のメンバーは、ほぼ全滅。
残った優人は、やむなく緋鞠を止めるため倒そうとするが、やはり倒すことができず、向かってくる緋鞠を抱き止める。優人の行動に緋鞠の心が反応。緋鞠は、元にもどるのだった。

残った鬼(酒呑童子)は、本性を表し緋鞠を攻撃する。しかし元にもどり、優人の能力「光渡し」の力を受けた緋鞠には効かず、そのまま倒されるのだった。

そして戦いが終わり、優人たちは、元の平和な日常へもどるのだった。


ラストは、まぁ良かった。
最近のアニメのそれっぽい最終話の感じで終わりましたが・・・。

優人ハーレムの中に加耶タマが入ったので、また女の子キャラが増えましたww。ロリキャラ多いですね(^0^)
原作では、どうするんだろ・・・。そのうちOVAとか出そう。


『おおかみかくし 12話』

話自体は、この前で終わってますから、今回は、その後を描くおまけみたいな話。
今までこのキャラで、できなかったことをいろいろとやってみましたという感じです。

見てみて私的にカオスだと思いました・・・。今までとのギャップの違いを感じる。
そういった違いを見せたかったんだと思います。



いろいろと今期のアニメも終わりましたね。新作アニメは、早いトコではもう放送しているようなので、いろいろと目を通していきたいと思います。そして、このブログでレビューできたらと思います。

では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。