終末のイゼッタ 感想

終末のイゼッタ

○あらすじ
1939年、ゲルマニア帝国は欧州の支配を目論み隣国リヴォニアに侵攻を開始し、その戦火は瞬く間に欧州全域に広がった。翌1940年、侵略の矛先はアルプスの小国エイルシュタット公国にも向けられようとしていた。公国の公女・フィーネは極秘のうちに隣国のヴェストリアに移動し、ゲルマニアと敵対するブリタニア王国の要人と会談する。連行の最中、機内にあった謎のカプセルが突然開き、中にいた少女・イゼッタが目を覚ますと彼女から発した粒子が飛行機を破壊し、フィーネの救出に成功する。


○感想
2016年冬のオリジナルアニメ作品。
制作会社は、亜細亜堂。
……あまり聞いたことない会社です。

キャラクター原案は、BUNBUN。「結城友奈は勇者である」などの原案を手掛けた方です。
おそらく絵柄ですぐに分かった方は、多いかと思います。

魔女をモチーフにした戦争モノ、そして漫画タイム作品にありがちな女の子同士絡むことが多い作品です。いや、ちゃんと男のキャラもいますww
戦争に負けそうな国が魔女の力で逆転する話なのですが、ファンタジーである魔女と実在する兵器を絡めて展開する内容が面白いです。
魔法は、ライフルに跨って飛んだり、ミサイルを操作して空中浮遊させたりなど、魔法というより念動力に近いです。しかし、魔法を使える場所と使えない場所が存在し、それを隠すために誤魔化すなどの工作が必要になります。この秘密を抱えて話が進む感じもこの作品の肝で、ここからどうなるかが面白いのですが。
オリジナル作品ですが、二期に続くような終わり方でなく1クールで綺麗に終わっているのは、とても良かったです。
こんなにスラスラ展開して、後腐れなく終わる作品も珍しいかも。

二期はないかもしれませんが、このまま終わるのが惜しいくらいです。
よろしかったらぜひ、ご視聴してください。

では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。