甘々と稲妻 感想

甘々と稲妻

○あらすじ
半年前に妻を亡くした高校教師犬塚公平は男手ひとつで幼い娘つむぎを育てていたが、料理が一切できず出来合いの食事や外食ばかりの日々を送っていた。ある日、つむぎと出かけたお花見で、母にドタキャンされ泣きながらお弁当を食べていた女子高生・飯田小鳥と出会う。彼女との出会いを経てつむぎにまともな食事を食べさせてやりたいという想いに駆られた公平は、小鳥の母が経営する料理屋「恵」を訪ねる。そこで、小鳥と一緒に炊いた土鍋のご飯をきっかけとして、3人で定期的に料理をするようになり、料理の楽しみに目覚めていく。


○感想
今期の飯テロ作品。

一人暮らし、共働き、最近ご飯を一人で食べてませんか?
因みに私は、一人暮らしなのでご飯はいつも一人です……。
しかしながらこの作品は、人の作ったご飯って素晴らしいなぁ、複数で囲んで食べるご飯は上手いなぁ、なんて思える温かい人情溢れる物語。
ご飯とか食べながら、ほんわかゆったり観ればいいんじゃないかなぁと思います。あと、ご飯とかご飯の食べる描写が観ていて幸せな気分になれます。個人的には。

まぁ、さすがに先生が自分のクラスの生徒にご飯作ってもらうという状況は、色々ツッコミどころありますがww
先生であることに何か特別な思いがあるんでしょうか。

ドラマ化しても問題なさそうな内容ですが、果たして……。


では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。