Yes!プリキュア5 感想

プリキュア5

○あらすじ
サンクルミエール学園に通う夢原のぞみは、少しドジだが元気いっぱいな中学2年生の女の子。ある日、通学途中でイケメンの男性と出会い、偶然にも彼を学園で見つけ図書館へ向かう彼を追う。そこで光る本を見つけ彼と取り合いになり、彼がその拍子で倒れてしまう。それと同時に彼が小動物のような妖精に変わり、パルミエ王国の王子ココと名乗る。ココはのぞみに光る本の正体ドリームコレットの説明をし、更に王国を滅ぼした悪の集団ナイトメアを倒して王国を復興すべくドリームコレットとプリキュアを探していたことも説明する。

そんな矢先、ナイトメアの手先が現れ怪物コワイナー使役して2人に襲いかかる。しかし、突然どこからか光る蝶が舞い降り、それが変身アイテム・ピンキーキャッチュとなり、のぞみの腕に装着される。ココは「それでプリキュアに変身して戦ってココ!」とのぞみに伝え、のぞみはそれで「希望のプリキュア」キュアドリームに変身しコワイナーを撃破する。その後、ココは小々田コージとして学園の教師に赴任し、残りのプリキュアを探すことになる。ドリームコレットを使って願いを叶えるには、ピンキーと呼ばれる妖精を55匹集める必要があるという。のぞみはココの願いを叶えるべく幼なじみの夏木りんに仲間になるよう説明と説得をする。初めは躊躇ったりんだが、のぞみの助けになりたいと「情熱のプリキュア」キュアルージュに覚醒して一緒に戦うことを決める。そして、アイドルとして活躍する1年生の春日野うららが、のぞみとりんの変身を見て2人に問いかける。その後、うららは2人のピンチに出くわし「助けたい!」という気持ちが強まり「弾けるプリキュア」キュアレモネードに覚醒して3人目の仲間になる。更に、3年生の図書委員・秋元こまちと、彼女の親友かつ生徒会長の水無月かれんが学園の騒動と3人の行動に疑念を抱いていたが、のぞみの話を聞き一緒に戦うことを快諾して、こまちは「安らぎのプリキュア」キュアミントに、かれんは「知性のプリキュア」キュアアクアに覚醒して5人が集う。そして、キュアドリームをリーダーとした「Yes!プリキュア5」が結成される。

そして、のぞみたちの力でココの親友ナッツをドリームコレットの中から目覚めさせる。ナッツも5人を助けるため色黒のイケメン・夏に変身して、かれんに借りた小屋でナッツハウスを開く。しばらくすると、のぞみたちはココとナッツを慕う王国のお世話係見習いのミルクと出会い、ミルクも5人に協力するようになる。

そんな中、5人と妖精たちが行動を共にしているうちに変化が訪れ、のぞみとココ、こまちとナッツがかけがえのない間柄となる。しかし、「王国の復興=別離」を意味するため葛藤していたが、みんな想いを伝え迷いを振り切る。

こうして、キュアドリーム、キュルージュ、キュアレモネード、キュアミント、キュアアクアの5人は、ドリームコレットを狙い王国の復興を邪魔するナイトメアに戦いを挑む。


○感想
あらすじ長いww
久しぶりに観たくなったので、懐かしさを感じつつ視聴しました。
ん? 魔法使いプリキュア? 知らんなぁ。

『プリキュアシリーズ』第4作目にして3代目のプリキュアらしく、私が最初に観たプリキュア作品だったりします。
きっかけはマックのハッピーセットのCMで、プリキュアが五人になっていることに気付き、そこから私のプリキュアシリーズ視聴が始まってしまいました。
五人っていうだけあって、戦隊モノらしい感じがおそらく私のツボに入ったんだと思います。

この作品特有の妖精がイケメンに変身するのもこの作品からで、そこから恋に発展したりなどが個人的に良かったです。
また個人技が増え、それぞれのキャラがトドメを刺せるようになったのも印象的。

テーマは、おそらく『夢』
やりたいこと、夢を持たない主人公「夢原 のぞみ」がプリキュアを通して成長し、自分の夢を見つける物語でもあるので、それを支えるココとの友情や愛情、仲間たちとの絆が話のメインとなります。
アイドル、作家など、夢を目指すキャラクターたちが目標に向かって進んだり、見つけるというのが、この作品の肝でもあります。
作中に出てくるピンキーは、すべて集めるとココたちの夢である国の再建に繋がるため、ココたちもまた夢に向かってプリキュアたちと頑張っていくのです。

この作品自体は、ある程度商業的に良かったらしくこのまま放送も二年目に続くという初代プリキュアと同じ路線を取りますが、人気が持続することもなく、二年目で終了となりました。この作品以降、プリキュアは一年で終了という仮面ライダー、戦隊モノと同じ放送形態を取るようになります。元々二年続けるというのも特殊な気もしますが。

気になった点は、話の重要な鍵となるピンキーの活躍が少ない点や敵の扱いが雑なところですかね。ピンキー自体が生命体な上、たくさんいるのですが、目立って活躍した回はほとんどなく、これならただのアイテムなどのほうが良かったかなと。この辺は、同じタイプのスマイルプリキュアで、ある程度直されてた気がします。
その分、キャラクター同士のドラマに話が集中してたので、個人的にはむしろ良かったです。

さて、プリキュアシリーズもとうとう11作目に突入。
現在は、『魔法使いプリキュア』を放送中。
……観てないですけどね。

シリーズ的にはかなり長く続いてますが、果たしてどこまでいくのか。
マンネリ気味な気もしますが、この障害を乗り越えればさらにまたシリーズとして飛躍できそうです。

では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。