くまみこ


くまみこ

○あらすじ
東北地方の山奥にある熊出村。その山の上にある熊出神社の巫女として仕える中学生の少女・まちは、都会の高校に進学することを決意する。しかし、ずっと山奥で暮らしていたために田舎コンプレックスを抱え、さらに極度の機械オンチであるため、クマのナツは反対する。まちは都会へ出るためにナツが与える試練へ挑戦しつつ、熊出村で巫女としての役目を果たして行く。少し変わった非日常的な田舎暮らしの日々を描く、スローライフストーリー。


○感想
なんだか最終話で賛否両論を巻き起こしたらしい漫画原作作品。
主人公が幼児退行しただの、最終話を担当した脚本家さんは逃げただの、作者は怒っているだの、いろんな噂が流れていますが、個人的に観ていて思った感想を書きます。

私は漫画のほうを読んでいないので、四コマ作品みたいなほのぼの系なのかなぁと思い、そのつもりで観ていましたが、作品自体は、ゆったりと楽しむことができました。まぁ、アニメオリジナル回が少し微妙かなぁと思うくらいで。
最終回に関しては、主人公の従兄である良夫の発言以外は問題ないかと思います。

この作品は、人語をしゃべる熊と主人公まちの日常を描いており、まちの都会への憧れや田舎へのギャップなんかが面白さの肝だと思います。ただ可愛いキャラク―を推したいのか、都会へ行くことを目標に頑張る主人公へ描きたいのか、それとも熊と過ごす日常を描きたいのか、話の目的が色々と散見しており、そこが少し気になりました。
そこへ最終話のオチがやってきたので、最後は疑問だらけになりましたが、何も考えずに観たら面白い作品だと思います。

なにより熊と自由に話すことができる作品なので、そこが新鮮に感じました。
こういった作品、ありそうで無かったと思うのでww

ネットではいろんな噂が飛び交っているかと思いますが、ぜひ実際に観てこの作品がどんなものなのかご視聴してみてください。
以上です。

では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。