キズナイーバー

キズナイーバー

○あらすじ
埋立地に立地する街・洲籠市に住む男子高校生・阿形勝平には、体に痛みを感じない体質という秘密があった。無気力な性格の勝平は、いじめやカツアゲを受けても、流れるままに無為な日々を過ごしていた。

夏休みを控えて勝平に謎の少女・園崎法子が接近する。法子は「痛みを共有できる」グループ『キズナイーバー』メンバーの一人であり、勝平とその近親者たちは引き込まれる。

○感想
TRIGGER制作による日本のオリジナルアニメ作品。
「痛み」を分け合う少年少女たちを描く群像劇。

痛みを分け合うとは、文字通り他人の痛みを共有し合うということ。
七つの大罪をモチーフとしたメインキャラクターたち七人は、お互いの痛みを分かち合うことができ、それがこの作品の根幹にもなっています。それによって起こるキャラクター同士のドラマ、深まる友情が話の大筋。そして、それがこの作品の謎にもなっています。なぜなら、それがいったいどういったことへ繋がるのか、登場キャラクターはおろか私もよくわかっていないからです。
この謎が深まっていくところもこの作品の面白さの一つですが、面白くなるまでの辛抱が少し長く感じましたww

キャラクターが可愛らしく、最初はTRIGGER制作とは思えませんでしが、個性的なキャラクターたちがやはりTRIGGERという感じですね。恋愛要素も絡んできましたので、これからますます面白くなっていくと思います。

ただ心配なのは、この展開の速さで最後まで完遂できるのか。やはり最期のオチが肝心なので、綺麗に終われるかどうかが心配です。

では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。