ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

○あらすじ
県立前ヶ崎高校に通うネトゲ好きな男子高校生の西村英騎は、MMORPGの「レジェンダリー・エイジ」内で女性キャラへと告白したものの、相手から「ネカマ」だと教えられ、激しいショックを受ける。そのトラウマから「リアルとゲームは別物」だと区別しながらも、現在は自分が所属するギルド「アレイキャッツ」の面々とゲームを楽しんでいた。

そんなある日、仲間の一人である「アコ」から告白をされ、成り行きで彼女とゲームの中で結婚することになる。さらに英騎は、ギルドマスターから初の「オフ会」の開催を告げられる。そしてオフ会で他のギルドメンバーが同じ高校の女生徒であり、アコは引きこもり気味の玉置亜子、シュヴァインはクラスメイトの瀬川茜、アプリコットは生徒会長の御聖院杏だと知ることになる。

だが、亜子は現実とゲームの区別が付かない残念な娘であった。メンバー内の相談の末、杏は生徒会長の権限を乱用して「現代通信電子遊戯部(ネトゲ部)」を新たに設立し、亜子の更生という目的のため、放課後に部室でネトゲを出来るようにする。その後、決まっていなかった顧問も英騎のクラスの斉藤結衣先生を迎えることで解決し、ネトゲ部の活動が本格的にスタートするのだった。

○感想
電撃文庫原作のアニメです。
内容は、ネトゲを題材にしたラブコメ作品です。
なので最近のゲームの世界に閉じ込められて、みたいなブラックな展開は無いので安心してください。

ネトゲあるあるなネタがこの作品の面白さの種でもあり、実際にプレイしている人は納得な部分も多いのではないでしょうか。
まぁ、さすがにオフ会で主人公以外全員女子は、どんな確率だww
しかし、ネットで話しかけられるのが嫌だから男性キャラでプレイしてたという理由は、なるほどなぁと思いました。
というか最近のゲームは、チャットも出来るんですね(私は、やったことないので)

あとは、メインのヒロインが残念美人なところも見所ですね。
ゲームと現実の区別が付いておらず、しかも引きこもりがちなコミュ障。
そのヒロインを少しずつ真人間にしていくため、部活を設立。
……なんだか、はがないに似てなくもない気が。

最近はゲームを題材にした作品やゲームっぽいファンタジー作品がかなり多く、こういう変化球な作品は、とても新鮮に見えました。
とりあえず、今期楽しみな作品の一つ。
なお面白いようなら原作も読んでみたいですね。

では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。