甲鉄城のカバネリ

鋼鉄城のカバネリ

今期放送のオリジナルアニメ作品。
監督に『進撃の巨人』から荒木哲郎、キャラクター原案に『超時空要塞マクロス』の美樹本晴彦が参加しています。

簡単な説明としては、時代劇版バイオハザードです。
タイトルにある甲鉄城とは蒸気機関車のこと、カバネリとは敵であるカバネの力を持った人間のことです。
カバネとは、おそらく屍(シカバネ)の略でありこの作品に登場するゾンビのことです。ゾンビらしく噛まれた人間もまたカバネになってしまいますが、これをなんとかできればカバネリという存在になるそうです。

蒸気機関車が出るように、この作品は蒸気というキーワードがとても印象的で、カバネを唯一対抗できる武器の名前も「蒸気銃」なんて呼ばれています。おそらく蒸気の力で発展を遂げた日本が舞台なんでしょう。

人々が住む町は城壁に囲まれており、機関車を使うことで各町と物資のやり取りをしているようです。または、外壁の調査など。
壁の外には、カバネが大量にいるようで人々はお互いにカバネに噛まれていないか疑心暗鬼な模様。なので、外からやってきた人間は、徹底的に検査しなければ入れないようです。

とまぁ、ここまで話すとなんだか進撃の巨人に似ているなぁと思われるかもしれません。監督も同じですしね。
でも実際観てみると作風も展開も全然違うモノなので、あまり似ているという印象は思い浮かばないかと。

進撃に出てくる巨人は目に見える恐怖という形で描かれていますが、カバネリは目に見えない恐怖を漂わせており、そのせいで怯える人々の心がより色濃く描かれています。本当に怖いのは、怪物より人間の心だ、と言わんばかりの演出がなにより面白いです。それによって、ほんのちょっと出てくる人間同士の絆がより一層際立つようになっています。
そんな感じで、絶望の中にも希望がある、そんな風に思える作品でした。

震災などの影響で一話休止してしまい現在二話までしか視聴していませんが、おそらく今期で一番な作品だと思います。
ぜひ、ご視聴してみてください。

では、また

コメント

非公開コメント

No title

キャラデザ美樹本晴彦だったのか・・・
最初、主人公見たとき安彦良和っぽいと思ってたんだけど
女キャラみたら確かに美樹本晴彦だなw
蒸気というとスチームボーイを思い起こします。

Re: No title

浮世亭まん丸。さんへ

キャラデザがなんだか、ひと昔前みたいに感じる作品ですね。
そのせいか作画が細部まで細かく動いて見えました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。