変身ブレス DXメガウルオウダー&ネクロムゴーストアイコン レビュー

メガウルオウダー (1)
バンダイから発売された仮面ライダーゴースト関連の玩具。
「変身ブレス DXメガウルオウダー&ネクロムゴーストアイコン」をご紹介。
テンガン!!とはおそらく点眼の意味だと思われます。波紋で変身と書いてありますが、それについては後に説明します。

定価:5,400円(税込)

メガウルオウダー (2)メガウルオウダー (2)メガウルオウダー (4)
ネクロムゴーストアイコン
電池が内蔵しており、遊ぶ際は絶縁シートを抜きます。
普通のゴーストアイコンと違い、ボタンを押してもアイコンの絵柄は変わらず、
「スタンバイ!」「ローディング!」「デストロイ!」の順にサウンドが鳴ります。
上部にはネクロムのマークと名前が描かれています。

メガウルオウダー (5)メガウルオウダー (6)
メガウルオウダー本体。
ベルト(長)(短)が一つずつ付いており、腕にがっしり付きます。個人的に長さはギリギリでしたが……。
待機状態とスタンバイ状態の二種類へ本体を回すことで簡単に移行できます。
この単純ながら面白い変形が中々楽しい。

メガウルオウダー (7)
電池ボックス。ドライバーでネジを外して、単4乾電池を二本使います。

メガウルオウダー (8)
電源スイッチ。矢印の方向へ入れます。スイッチを入れるとサウンドが鳴ります。

メガウルオウダー (9)
因みにサウンドが鳴る部分。
メガウルオウダーは比較的クリアな部分が多く綺麗なのですが、そのせいで中身の配線むき出しなところが微妙。

メガウルオウダー (12)メガウルオウダー (10)
変身のギミック。
スイッチを入れ、一度「スタンバイ!」のサウンドを鳴らしたネクロムアイコンをメガウルオウダーの空洞部にセットすることで、音が鳴ります。
横にある緑色のスイッチがアイコンのスイッチに直接連動するようになっているため、スイッチを押すと「ローディング!」の音と共に変身待機音が鳴りだします。その後、メガウルオウダー本体を立ち上げ、上部にあるスイッチを押すことで変身完了となります。
このときアイコン上の部分に波紋のような光が描かれるため、波紋で変身!!と書いてあったようです。
劇中では上から目薬のような液体がアイコンに落ちて、波紋のように広がる演出が成されていました。

メガウルオウダー (11)
その後は、横の部分を押すことで「デストロイ!」のサウンドと共に必殺技音声が鳴ります。
因みにアイコンとメガウルオウダーのサウンドは別々に鳴っているため、アイコンを鳴らさずにそのまま入れるとサウンドがズレてしまうようになっています。

メガウルオウダー (14)
グリムゴーストアイコン、サンゾウゴーストアイコン。
メガウルオウダーに付属していない別売りの商品ですが、ネクロムが使うということで一緒に紹介します。
グリムはグリム兄弟を元に、サンゾウは西遊記の三蔵法師を元にしています。

メガウルオウダー (15)メガウルオウダー (16)
メガウルオウダーには、内部にアイコンの認識装置が付いてます。なのでネクロムを含めた全三種の変身サウンドを鳴らすことが可能です。そのためかネクロム、グリム、サンゾウには、他のアイコンにはない認識のためのピンが下に付いています。

メガウルオウダー (17)
分かりづらいですが、セットして横のスイッチを押すことでアイコンのスイッチと連動して絵柄が変わります。
こちらも絵柄とサウンドがズレてしまう可能性がありますが、絵がハッキリ見えないし別にいいかも。

メガウルオウダー (13)
とりあえず以上です。

○まとめ
ゴーストでは後発の商品ですが、ゴーストアイコンが三つしか対応しておらず、他はすべて共通音声。しかし、劇中のカッコ良さのせいか、とうとう買ってしまいました。個人的にこういったなりきり玩具を買うのは、オーズ以来なのです。
紹介していませんが、アイコンはゴーストドライバーとも連動しています。私は買いませんがww

実際遊んでみるとサウンドが大きく、音量調節機能とか欲しかったです。
変身時の波紋のような光の演出は、動画のレビューなどで見た感じだとよくわからなかったのですが、実際に買って見るとその美しさが分かりました。ここは劇中通りでとても良かったです。
単純なギミックながらも遊べるし、アイコンも大量に集める必要ないので興味のある方はぜひ。

最後に実際のアラン本人による玩具紹介動画を貼っておきます。
では、また

コメント

非公開コメント