超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです
○あらすじ
 飛行機事故に巻き込まれた七人の高校生が目覚めると、そこは魔法や獣人の存在する中世っぽい異世界だった。
 突然の事態に彼らは混乱――することもなく(!?)
 電気もない世界で原子力発電所を作ったり、ちょっと出稼ぎに出ただけで大都市の経済を牛耳ったり、あげく悪政に苦しむ恩人たちのために悪徳貴族と戦争したりと、やりたい放題!?
 そう。彼らは誰一人普通の高校生ではなく、それぞれが政治や経済、科学や医療の頂点に立つ超人高校生だったのだ!
 これは地球最高の叡智と技術を持つドリームチームによる、オーバーテクノロジーを自重しない異世界革命物語である!


最近になって気になり、買ってしまったライトノベルをご紹介します。
『落第騎士の英雄譚』などを手掛けた海空りくの新作『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』です。長いww

あらすじの通り異世界トリップ作品です。主人公無双ではなく、主人公を含む七人のキャラクターが平民たちと共に貴族への反乱を起こす、そんな内容となっています。
まぁ、主人公側が近代兵器をほぼ制限なく使えているせいで、平民たちは圧勝状態なのですが……。唯一使えないのは魔法くらいですが、それも後々使えそうな気がします。うーむ、このままだと無敵すぎるかな?
やはり最近の作品は味方側の欠点がほぼ無い作品がほとんどなんですね。
弱点や欠点があったほうが面白い気もしますが。

しかし、七人もキャラクターがいる中、ちゃんと戦えるキャラが一人しかいないのは珍しいと思いました。
このまま七人がバランスよく活躍されればいいのですが、何人か空気になりそうなキャラクターが出てきそうww

雰囲気としては、うたわれるものに近い感じでした。キャラクターの感じや生きるために戦うという選択を選んだところが。
主人公はハクオロのような皆に指示を出す人間なのですね。そして、現代では高校生でありながら総理という超人ぶり。

そして、ちゃんと現代側の時間も進んでいることに驚きました。
いつか異世界から現代へ戻るための伏線は、ちゃんと張ってあるようです。

これから貴族側がどう対処してくるのか気になりますが、バトル漫画みたいにならないことを願います。

では、また

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。