この素晴らしい世界に祝福を!

この素晴らしい世界に祝福を

今期もとうとう終盤に入ってしまいました。だいたい残り三話くらい?
ですが、一応観ている作品の感想を書いておこうかということで。

この作品は、元々ウェブサイト『小説家になろう』で掲載されていた作品の一つであり、のちに角川によって書籍化されました。

○あらすじ
不慮の事故で命を落とした高校生の佐藤和真は、天界で女神アクアに異世界への転移を持ちかけられる。アクアは「異世界には望むものを1つだけ持っていける」と異世界転移の特典を持ち出しながら勧誘するが、アクアの態度があまりにも和真を味噌っかすに馬鹿にしていたために和真は激怒し、アクアを「異世界に持っていく"もの"」として指定する。

こうして、アクアを連れて異世界「アクセルの街」に降り立った和真は、運だけが異常にいい平凡な冒険者となり、頭の悪いアクアは知性以外の全ステータスが高いアークプリーストになる。爆裂魔法の使い手だが1発撃つと動けなくなるアークウィザードめぐみんと、見た目は美少女だが妄想癖のマゾヒストで攻撃が当たらない変態クルセイダーダクネスを仲間に加えて冒険者稼業を行い、彼女らの行動に振り回される日々を送っていた。

しかし、エスカレートする一方で留まるところを知らない彼女らの問題行動は、魔王軍とのトラブルや、悪徳領主との金の殴り合い、最後は魔王の討伐におもむき一騎打ちなどさまざまな波乱に和真を巻き込んでいく。


○感想
もう驚かなくなりましたが、主人公が現実世界で事故死→異世界へのパターンが最近の定番ですね。
この作品には、さらに異世界へ行く際に一つ特典付けるよ、的な感じです。

こういう設定は、二次創作なんかではかなり当たり前のモノなんですが、それが書籍化してアニメ化というのはけっこう珍しいと思います。怖いのはこのパターンの作品が増えていくことですが――。

内容としてはファンタジー作品……の皮を被った日常アニメ作品のような気がします。
一つの話に複数の話が詰まっていたり、ノリや雰囲気などなど、ともかく何も考えずに楽しめる作品なところが。

世界観がどこかゲームの設定っぽいのは、分かりやすい反面、内容が浅くも感じます。
あとは、中々話が進まないところと目的がイマイチ分からないところが難点です。

個人的にはかなり楽しめたので、珍しく原作のほうも一巻だけ買ってしまいました。
アニメのギャグのノリが、原作でどう再現されているのかが気になってしまったので……。

今期ではそれなりに人気のある作品なので、これからの展開に期待です。

では、また

コメント

非公開コメント

No title

ギャグ多くて比較的楽しんでみてます。
新聞で取り上げられたのもネットニュースになりましたね。
まさか二期まで決まるとは思いませんでしたがw

Re: No title

浮世亭まん丸。さんへ

まさか観ているとは思いませんでしたww
二期決定には驚きましたが、本当に突然のことだったようです。